BLIND GUARDIAN『THE GOD MACHINE』

記事内に広告が含まれています。

BLIND GUARDIAN『THE GOD MACHINE』を2022年9月2日にリリースしました。

名作『IMAGINATIONS FROM THE OTHER SIDE』(1995年5作目)に通じるアプローチが満載。

劇的です。

疾走もします。

攻撃的要素を取り戻した頼もしい作品ですので、おすすめ曲を挙げながら特徴をレビューしていきます。

レビュー内には『IMAGINATIONS FROM THE OTHER SIDE』収録曲がたくさん登場します。

『THE GOD MACHINE』の収録曲とおすすめ曲

以下の太字の6曲がおすすめです。

■BLIND GUARDIAN/THE GOD MACHINE (2022年)

  1. Deliver Us From Evil
  2. Damnation
  3. Secrets Of The American Gods
  4. Violent Shadows
  5. Life Beyond The Spheres
  6. Architects Of Doom
  7. Let It Be No More
  8. Blood Of The Elves
  9. Destiny

メンバー

  • ハンズィ・キアシュ<Vo>
  • アンドレ・オルブリッチ<G>
  • マーカス・ズィーペン<G>
  • フレデリック・イームク<Ds>

おすすめ曲のレビュー

レビュー内に記載されている時間は、曲をフル再生した場合の表記です。

1. Deliver Us From Evil

邪悪っぽい語りにハンズィ・キアシュ<Vo>の独特のヴォーカルが乗って疾走するパワー・メタル・チューン。

『IMAGINATIONS FROM THE OTHER SIDE』収録の「I’m Alive」を思わせます。

00:26からの展開なんかは特に「I’m Alive」ですね。

バスドラは連打し続け、曲はシャープさを保ちながら進行していきます。

そして01:13からサビ。
雄々しく歌メロが展開していきます。
かっこいい。
同時に「ああ、ブラガだなあ」となんかホッとします。

02:04からの重厚かつメロディックなパートや03:18からのダイナミックなソロ(03:41から短時間加速するフレデリック・イームク<Ds>のドラムがまた◎)など、アンドレ・オルブリッチ<G>とマーカス・ズィーペン<G>のギターもスリリング。

前作『BEYOND THE RED MIRROR』(2015年10作目)のオープニング「The Ninth Wave」は大作でしたが、『THE GOD MACHINE』はアグレッシヴなナンバーで幕を開けます。

2. Damnation

哀愁のギターが奏でられる中、00:12からハンズィが歌い出してスタート。
ここでの歌メロは『IMAGINATIONS FROM THE OTHER SIDE』収録の「Mordred’s Song」っぽいです。

「Mordred’s Song」あるいは同じく『IMAGINATIONS FROM THE OTHER SIDE』収録の「Bright Eyes」っぽく進行していきそうな雰囲気ですが、そうではありませんでした。

00:27からフレデリックが力強いドラムを叩き、00:38からスピードアップ。
「Deliver Us From Evil」に続いて、この「Damnation」も疾走します。

今回のBLIND GUARDIANは本当にアグレッシヴ。

分厚いハーモニーを絡めながら展開していく構成は「The Script For My Requiem」(これも『IMAGINATIONS FROM THE OTHER SIDE』収録)を思わせます。

要所要所で印象的なプレイをするギターも見事。

01:39から歌が入るまでのちょっとしたところでも聴かせてくれますし、03:00からのソロもメロディックかつスリリングです。

ハンズィの歌が終わると同時に05:03からエンディングまでフレーズを響かせるところもかっこいい。

3. Secrets Of The American Gods

7分半のナンバー。

アルバム収録曲の中では一番長いです。

まず00:47からがいいですね。
シンフォニックなキーボードとメロディックなギターが交互に攻めてきます。

以降はそこそこの躍動感を保ちながら進み、01:56からのサビでちょっとスロー・ダウン。
劇的な演奏の中で魅力的な歌メロが響き渡ります。

そして再びキーボードとギターが交互に舞うという展開。
痺れます。

03:59からのギター・ソロもエモーショナルな度合いの緩急のつけ方が見事。

『BEYOND THE RED MIRROR』『AT THE EDGE OF TIME』(2010年9作目)に通じる世界観ですね。

4. Violent Shadows

うねりのある攻撃的なリフが刻まれて疾走。

『IMAGINATIONS FROM THE OTHER SIDE』の「Born In A Mourning Hall」のような感じです。

00:18からハンズィのエネルギッシュな歌が入り、01:08からサビなのですが、そのまま「Born In A Mourning Hall」のサビにつながってもおかしくないような展開です。

で、この「Violent SHadows」のサビはどうかというと、パワフルかつシンフォニックな感じ。
曲に突進力があるので、アグレッシヴさが際立ちます。

01:27からは「Time Stands Still (At The Iron Hill)」(1998年6作目『NIGHTFALL IN MIDDLE-EARTH』収録)のよう。
短い時間ですが、ここもいいアクセントです。

02:35からはメロディックでピロピロなギター・ソロ。
鋭い曲調とは対照的なフレーズがどんどん出てくるので耳に残りやすいですね。
03:07からの「ウィーン!」のパートにハンズィが重なって歌い始めるアプローチもクールです。

7. Let It Be No More

出だしが『IMAGINATIONS FROM THE OTHER SIDE』の「Bright Eyes」っぽいです。

「Bright Eyes」のように骨太で劇的に進行していくのかと思ったら、00:32からハンズィが静かに歌い始めます。

バラードでした。

分厚いハーモニーと共に展開していく00:18からすばらしい。
「Let it be」「no」「more」と曲名を交えながら伸びやかに歌い上げます。

02:48からの泣きのギター・ソロも説得力抜群。
ゆ~っくりと体に浸透してきます。

アグレッシヴなパワー・メタルと劇的ナンバーが続いていたので「そろそろバラードがほしい」と思っていたところにこの感動的なナンバー。

感謝感激です。

8. Blood Of The Elves

バスドラ連打+シャープなリフを軸に進むパワフルなナンバー。

同日に16作目『THE SICK, THE DYING… AND THE DEAD!』をリリースしたMEGADETH「We’ll Be Back」のシンフォニック・パワー・メタル版といった感じですね。

特に最初のザクザクしたギターは「We’ll Be Back」です。

「We’ll Be Back」はアルバム本編ラスト。
そしてこの「Blood Of The Elves」もアルバム終盤。

曲の配置が似てるのも面白い。

歌メロの展開は…

  • サビまでのインパクトは普通
  • サビで突然ドラマティックでメロディックに。分厚いハーモニーも重なる

…といった感じ。

サビで突然飛躍するところがいいですね。

「Deliver Us From Evil」同様、「ああ、ブラガだなあ」となります。

04:05からエンディングに向かうところもエキサイティング。

メロディックなギターの後にハンズィのヴォーカルが続くのですが、歌もギターも徐々にテンションが上がっていきます。

04:18からはハンズィの歌が、042:6からはギターがヒートアップします。

熱い。

総評

1995年の名作『IMAGINATIONS FROM THE OTHER SIDE』の色が濃く出ています。

しかも『IMAGINATIONS FROM THE OTHER SIDE』のアグレッシヴな面が強調されてるのがうれしいですね。

『IMAGINATIONS FROM THE OTHER SIDE』収録曲に通じるスタートを切り、本編は予想外の展開をみせる以下の2曲も面白かった。

  • 「Damnation」…出だしは「Mordred’s Song」。その後疾走
  • 「Let It Be No More」…始まりが「Bright Eyes」。本編はバラード

全体的に歌メロやサビでのドキドキするようなインパクトは『IMAGINATIONS FROM THE OTHER SIDE』の頃に比べるとやや落ちるのですが、激しさを取り戻したことが何よりも大きい。

終盤に鋭い「Blood Of The Elves」を持ってくるところにも攻めの姿勢を感じます。

劇的でスピード感のあるアルバムです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました