ALTER BRIDGE『PAWNS & KINGS』

記事内に広告が含まれています。

ALTER BRIDGEが7thフル『PAWNS & KINGS』を2022年10月14日にリリースしました。

すばらしいアルバムです。

  • ミステリアスな幕開け
  • 過去の曲を思わせるアプローチがあちこちに
  • GUNS N’ ROSESあるいはSLASH FEATURING MYLES KENNEDY AND THE CONSPIRATORSっぽい曲あり
  • ちょっと変な曲もあり
  • ラストは緊張感を保ちながらもナチュラルな締めくくり

スリリングで意外性もあり、バラエティに富んだ内容です。

マイルズ・ケネディ<Vo/G>とマーク・トレモンティ<G/Vo>の歌合戦も楽しめます。

記事内にはALTER BRIDGEの過去のナンバーがいろいろ登場。

おすすめ曲を挙げながら『PAWNS & KINGS』の聴きどころを紹介していきます。

メンバー

  • マイルズ・ケネディ<Vo/G>
  • マーク・トレモンティ<G/Vo>
  • ブライアン・マーシャル<B>
  • スコット・フィリップス<Ds>

『PAWNS & KINGS』の収録曲とおすすめ曲

以下の太字の9曲がおすすめです。

■ALTER BRIDGE/PAWNS & KINGS (2022年)

  1. This Is War
  2. Dead Among The Living
  3. Silver Tongue
  4. Sin After Sin
  5. Stay
  6. Holiday
  7. Fable Of The Silent Son
  8. Season Of Promise
  9. Last Man Standing
  10. Pawns & Kings

おすすめ曲のレビュー内に記載されている時間は、曲をフル再生した場合の表記です。

1. This Is War

ミステリアスかつ神聖な雰囲気も漂わせるオープニング・ナンバー。

  • 00:00~ スコット・フィリップス<Ds>の爆発力のあるドラムと共にスタート
  • 00:20~ 鋭いギター・リフが刻まれる。マーク・トレモンティ<G/Vo>のプロジェクト、TREMONTIを想起
  • 00:32~ マイルズ・ケネディ<Vo>の歌がスタート。00:37で声をひっくり返す唱法がインパクトあり(←これが何回か登場)
  • 00:55~ いったん静な演奏になり、マイルズはムードのある歌い方
  • 01:07~ サビ。中音域でマイルズの声が伸びる。バックでのメロディックなギターも◎
  • 02:29~ 鋭角的なギターが前面に
  • 02:47~ 緊迫感のあるギター・ソロ
  • 03:47~ サウンドに劇的さが増しエンディングへ

これまでのALTER BRIDGEとは趣が異なる幕開けです。

2. Dead Among The Living

2007年2nd『BLACKBIRD』収録の名曲「Come To Life」のような曲です。

  • 00:00~ スコットのダイナミックなドラムがエキサイティング
  • 0017~ ヘヴィなギターを軸に進行。00:27からのフレーズがエネルギッシュでナイス
  • 00:37~ マイルズの歌。ちょっと切なさを感じさせるメロディが◎
  • 01:03~ ドン!どドラムを入れてサビへ。アクセントのつけ方がうまい。哀愁ある歌メロ+美しいハーモニー
  • 02:46~ ハードさを維持しながらも浮遊感を漂わせる
  • 03:04~ ヘヴィでスローなリフ。03:13からはエモーショナルなギターが響く
  • 03:23~ 静かな演奏+マイルズのソフトな歌→再びメイン・パートへ

「Come To Life」が好きな方はドストライクです。

静かなパートを組み込みながら展開し、クールなギターが伸びてフェードアウトする終わり方も「Come To Life」を彷彿させます。

『BLACKBIRD』では「Come To Life」から次の「Brand New Start」へつながっていましたが、この「Dead Among The Living」は「Silver Tongue」へはつながらず。

曲は独立して終わります。

3. Silver Tongue

  • 00:00~ シャープなギター・リフと共にスタート
  • 00:13~ スローでヘヴィに展開。マイルズは高音域を絡めながらの歌唱
  • 01:19~ スコットの超クールなドラムと共に加速してサビへ
  • 01:22~ サビ。マイルズの歌声が心地よく響く。バックからのハモりも魅力的な歌メロ。分厚すぎないところがまたナイス
  • 02:43~ 少しトーンを変えてガッツのある歌と演奏
  • 03:20~ マイルズのハイトーン。そしてそのハイトーンに重なる形で低音域での歌がスタート

00:00のギターから勢いある曲調を予想しがちですが、曲本編はスロー、サビで加速とアクセントのある展開をみせるところが面白いです。

あとは03:20~ですね。
両極端の音域での歌唱が重なるアプローチが見事です。

4. Sin After Sin

  • 00:00~ ちょっとトライバルな感じのスコットのドラム
  • 00:08~ 浮遊感のあるギター、ブライアン・マーシャル<B>の弾力性のあるベースが鳴り響く
  • 00:58~ 低音域を軸にマイルズの歌がスタート
  • 01:32~ マイルズの声にエフェクトがかかる
  • 01:37~ サビ。マイルズの歌声が伸びる。魅力的な高音域の歌メロ。歌の間から何度か顔を出すメロディックなギター(01:43~)が◎

04:42で悲壮感を漂わせてサビに戻る構成もうまいです。

マイルズとマークが「Si~n After Si~n」と曲のタイトルを交互に歌う05:31も聴きどころ。
マイルズの高音Voとマークの低音Voの対照描写が見事です。

5. Stay

出だしがGUNS N’ ROSES「Sweet Child O’ Mine」(1987年1st『APPETITE FOR DESTRUCTION』収録)っぽくてニッコリ。

マイルズがリード・ヴォーカルを務めるSLASH FEATURING MYLES KENNEDY AND THE CONSPIRATORS「Fill My World」(2022年4th『4』収録)にも通じます。

「包容力のあるマイルズのヴォーカルが入ってくるんだろうなあ」とワクワクしていたら、歌い始めたのはなんとマークでした。

ということで、マークがリード・ヴォーカル。

渋い声を響かせながらクールな歌を披露します。

01:15からは2019年6th『WALK THE SKY』収録の「Godspeed」を思わせる展開で、優しくポジティヴなメロディが見事。
マイルズの高音Voも重なります。

それまでとは異なるトーンで展開する03:00~からもすばらしい。

  • 03:02~ マークとマイルズが共に歌う。ここも「Godspeed」を想起
  • 03:29~ マイルズの高音が伸びて静かな演奏へ。リード・ヴォーカルはマイルズ。ソフトな歌唱へとシフト

「Sin After Sin」同様、マイルズとマークの個性が見事にブレンドされたナンバーです。

6. Holiday

出だしの摩訶不思議でヘヴィなリフがもう面白い。

00:13からは少し変な感じです(もちろんいい意味で)。

不敵な笑みを浮かべられているイメージですね。

曲は、そんな挑発的なオーラを放ちながらグルーヴィに展開。
マイルズの歌もこの変な曲調に見事にハマっています。

劇的さを増して展開する中間部(02:40~)の演奏も刺激的。

03:08の演奏もまた変で面白いですね。

ちょっと変なALTER BRIDGE。

これはハマります。

8. Season Of Promise

2010年3rd『AB III』「Words Darker Than Their Wings」に勢いが増したような始まりです。

これを軸としたサウンドにマイルズの表現力豊かなヴォーカルが乗ります。

00:53で演奏がピタッと止まり、マイルズの声だけになり、サビに流れる。
この構成がすばらしいです。

そしてサビそのものも絶品。
体全体に染みこんでくるメロディです。

2番以降では、01:33からのハモってくるマークのヴォーカルがクール。
1番ではマークは歌ってなかったので、より一層このアプローチが際立ちます。

中盤の展開も見事です。

  • 02:28~ スローでエモーショナルな演奏
  • 02:49~ マイルズのややソフトな歌唱
  • 03:11~ マイルズの音域が上がる(03:28から声が伸びるところが特に最高)
  • 03:33~ 静かな演奏になって、スコットのドラムが迫ってくる…『WALK THE SKY』収録の「Tear Us Part」を彷彿
  • 04:05~ マイルズの歌に響くギター・ソロが◎

切ない感じもありノスタルジック。

とても魅力的なナンバーです。

9. Last Man Standing

2013年4th『FORTRESS』収録の「Water Rising」っぽい曲です。

「Water Rising」はマークがリード・ヴォーカルでしたが、この「Last Man Standing」ではマイルズが歌います。

低音で歌い始めるので一瞬マークが歌ってるのかと思っちゃいます。

サビでは、マイルズの高音による伸びのある歌メロが展開。

静から動へダイナミックな展開をみせるあたりもまさに「Water Rising」です。

インパクトのあるドラムをはさんで2回目のギター・ソロに入る04:44~もかっこいい。

歌の後にすぐにソロに流れないところがまたミソなのです。

10. Pawns & Kings

最後の曲。

もうすばらしいです。

  • 00:00~ 切ないマイルズの歌
  • 00:14~ エレクトリックな演奏。2016年5th『THE LAST HERO』収録の「Crows On A Fire」っぽい
  • 00:36~ テンポの速いスネア+ピロピロしたギターが面白い。そこにマイルズの歌が乗る
  • 00:56~ スコットの迫りくるドラムの連打からサビへ。ラスト・ナンバーのせいか切なさも感じられる歌メロ

2番のサビの後の展開も見事。

  • 02:27~ サビの後にさらにマイルズの歌が続く。伸びのある魅力的な歌メロ
  • 02:52~ スコットのドラムの連打と共にスリリングな演奏パート。キリッとしたギターがインパクト大
  • 03:23~ マイルズの歌再び
  • 04:04~ マークのエモーショナルなギター・ソロ。音域が上がる04:15からが特にエキサイティング
  • 04:25~ マイルズがサビをソフトに歌う。「まだ終わらないぞ」と言わんばかりのバックの演奏がまた◎
  • 05:25~ 音域が上がるマイルズのVo。メロディックなギターも重なる
  • 05:58~ ダダン!と引き締まる演奏を4回繰り返し、ギターの音が伸びる。徐々にその音がフェードアウト

多くの展開を持つ濃密なナンバーです。

総評

7曲目の「Fable Of The Silent Son」は約8分半の大作ですが、全体的なインパクトは他の曲と比べるやや弱め。

それでも他がすばらしい曲ばかりなので、かなり満足度の高い作品です。

過去の代表曲を思わせる場面が多いのもうれしい要素。

ちょっと変わった「Holiday」、マークが歌った「Water Rising」系統の「Last Man Standing」をマイルズが歌うというアプローチもちょっとしたフェイントが感じられて面白い。

大げさすぎず自然体で締めくくるラストの「Pawns & Kings」も見事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました